ふるさと納税をやりすぎたために学んだこと

知り合いの社長さんは豪快な行動をします。仕事もバンバンやっているようですが、ある年はゴルフにはまり、週何日も行ったり、次の年はカードのポイント集めに夢中になっていたり、次の年にはふるさと納税にはまりだしました。いろんなところに寄附をして税金も安くなるし、お肉やら果物やらをもらえるし喜んでいました。数十万も寄附したと聞き、ふと疑問がわきました。節税と言っても、本当にそうなのだろうかと。自己負担金2,000円で各地の名産が楽しめると思っているようですが、収入などによって違うのではなかったでしょうか。所得税や住民税の計算方法をネットで調べまくって、計算してみたところ、やはり、寄附金の額が多すぎているようです。結局、1万円のメロンを買ってしまっているのでは?と伝えると、急に熱が冷めてしまいました。美味しかったならいい買い物をしたと思えばいいですね。ただ、節税にばかり目が行くのも注意しないといけないなと思いました。私もふるさと納税をやろうかどうか検討していましたが、社長さんのおかげでいい勉強になりました。http://www.ohiobiz.co/sango-kouso.html