パッション先輩の愛称で親しまれる留依蒔世さん

宝塚歌劇団宙組の留依蒔世さん。2011年に97期生として入団しました。初舞台公演は、星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』でした。兵庫県尼崎市の出身です。入団2年目のショーの一場面で、同期の娘役と共にソロを披露し、その歌唱力の高さで注目を集めました。
宙組に配属になり、2014年『白夜の誓い』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、次期トップスターに内定していた朝夏まなとさんの役に選ばれました。2015年『王家に捧ぐ歌』の新人公演では、実力者の集まる専科の人が演じたエジプト王ファラオに選ばれ、歌で魅せました。
2016年『エリザベート』新人公演では、皇帝フランツヨーゼフ役を落ち着いた姿で演じました。2017年『王妃の舘』の新人公演で初めて主演を務めました。同年最後の新人公演となった『神々の土地』では、難しい役どころのラスプーチン役を好演しました。
2018年『不滅の棘』に出演されます。キレイモ 料金 パック