簡単な工作にも自由な発想をする我が子たち

近所のお友達と雛人形を手作りしてみたよ。幼児が作るので用意した物は画用紙、折り紙、ノリ、クレヨンなど家にあるものだけ。ハサミはまだ危ないからママ達が使うことにしたけどこれが失敗。自分でやるってハサミを取ろうと大騒ぎ。子供用の用意してあげればよかった。折り紙で体を作って画用紙で顔作ってノリで貼ってクレヨンで顔を描けばおしまいの簡単なひな飾り。なのに、子供は本当に自由だね。顔に目と口は描いたけど色がすごいことになってる。赤い目に黒い口。体の真ん中に顔を貼ってみたり。手にノリつけて遊んじゃうし目的が気付くと変わってる。この自由な発想が美的センスに繋がってくれたらいいんどけど。大きくなるにつれて固定観念にとらわれて誰もがわかるようなものしか描けなくなるのかな。子供の発想って大人から見ると変だけど子供は真面目にやってるから面白い。これも子育ての楽しみ。次の工作は兜かこいのぼりかな。イベントごとに工作すると散らかって後片付け大変だけど成長も見れて楽しいからこれからも続けていこう。